清野菜名はバク転がすごいアクション女優!身体能力の高さの理由や動画も。

実は(知ってる人の方が多いですよね…)、清野菜名ちゃんの特技は球技・陸上・バク転・アクションなどで、「若手アクション女優」として注目を集めています。

清野菜名ちゃんは、『トットちゃん』で主演・黒柳徹子役を演じ、映画『東京無国籍少女』、2018年度前期のNHK連続テレビ小説『半分、青い』、ドラマ『今日から俺は!!』などで一気に認知度が高まりましたよね。

また、2020年冬ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』でも主演を務めます。

 

さて、そんな清野菜名ちゃんのバク転動画やアクションシーン、身体の能力の高さの理由などに迫っていきたいと思います!

スポンサーリンク

 

清野菜名のバク転などアクション動画

まずは清野菜名ちゃんのインスタから5回連続バク転!!!

 

この投稿をInstagramで見る

 

やっぱり体を動かすのは気持ちいい。 おつかれーらいす 本日のやすらぎもみてね。 #ATT

清野菜名(@seinonana)がシェアした投稿 –

 

身軽ですねぇ・・。かっこよすぎる。

わたしも小さいときにバク転練習しておけばよかった・・・。(笑)

 

さて、ここからは清野菜名ちゃんの身体能力の高さが分かるアクション動画などを複数載せちゃいます!

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

久々すぎて恐怖心 重い。楽しかったです🙋🏿 #ATT

清野菜名(@seinonana)がシェアした投稿 –

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

#ATT

清野菜名(@seinonana)がシェアした投稿 –

いかがですか?

もうすごすぎる。一般的な女性の能力を超えている・・・。

憧れますね…。

スポンサーリンク

 

清野菜名の身体能力の理由

 

清野菜名ちゃんのお母さんは元バレーボールの選手だったそうです。

運動能力はお母さん譲りなようですね。

 

そして、特技はギター・ドラム・球技・陸上・バク転・アクション・殺陣、と多才な清野菜名ちゃん。

物心ついた時から運動が好きで将来はスポーツ選手か芸能人に憧れていたそうですよ。

 

高校進学時には陸上競技で推薦入学の選択肢もあったのに、芸能活動の道を選び、高校入学を機に単身上京したんだそう。

 

高校は芸能系の日本芸術高等学園で、3年間アクション部に所属していました。

 

アクションに力を入れたきっかけは、上京間もない頃に偶然観た映画『バイオハザード』のミラ・ジョヴォヴィッチのアクションに衝撃を受けたからなんだとか。

これを機に、高校2年生のときに1年間、アクション監督・坂口 拓監督のもとでボクシングや立ち回り、アクロバットなどの本格的なアクション訓練を受けたようです。

 

清野菜名アクションがすごいまとめ

 

本当にすごいですよね。

かわいいのにアクロバティックな清野菜名ちゃんに魅了される人ファンが急上昇すること間違いありません!

 

2020年1月12日から始まる、横浜流星さんとダブル主演のドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』でも、彼女のアクションに期待です!!!

 

清野菜名ちゃんの本名についてはこちら!

清野菜名の本当の本名は?名前の詳細を解説!画数で運勢も調べてみた
スポンサーリンク
error: Content is protected !!