オリンピック中止は過去に5つの前例あり!自然災害で中止の可能性は?

新型肺炎により、2020年の東京オリンピックが中止になるのではないかとあちこちで話題になっていますね。

そこで気になるのが、過去にオリンピックが中止になった前例はあるのか?ということですよね。

また、今回は自然災害ともいうべき感染症の広まりが危惧されるがために中止になるのでは?と言われています。

自然災害によりオリンピックが中止になる可能性はあるのか?ということも気になります。

 

ということで、今回は過去にオリンピックが中止になった前例はあるのか?また、自然災害によって中止の可能性はあるのか?について調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

過去のオリンピック中止の前例はあるのか?

過去のオリンピック中止の前例

過去のオリンピック中止回数は、夏季オリンピック3回冬季オリンピック2回計5回です。

その内訳がこちら。

夏季オリンピック

  • 1916年 ベルリンオリンピック(第6回大会)
  • 1940年 東京オリンピック(第12回大会)
  • 1944年 ロンドンオリンピック(第13回大会)

冬季オリンピック

  • 1940年 札幌オリンピック
  • 1944年 コルチナ・ダンペッツオオリンピック

このように計5回のオリンピックが中止されてきたのですが、一般的に、

過去に中止されたオリンピックの回数=3回夏季オリンピックの回数

というように、冬季オリンピックは回数に含めません

夏季オリンピックは中止されても回数としてカウントされますが、冬季オリンピックは中止されたらカウントされず、まさに幻のオリンピックとなってしまうんですね。

オリンピック中止の理由

さて、それでは、過去のオリンピックが中止されてきた理由はなんなのでしょうか?

それぞれ調べてみました。

 

【夏季オリンピック】1916年 ベルリンオリンピック(第6回大会)

第一次世界大戦(1914年7月28日~1918年11月11日)により中止。

戦争の長期化を予測できなかったため、第一次世界大戦が勃発した後も組織委員会は維持されていたそうです。

また、大会競技場として、4万人を収容できる競技場が1912年から1913年にかけて整備されていたとのことです。

 

【夏季オリンピック】1940年 東京オリンピック(第12回大会)

日中戦争により中止とされています。

しかし、その背景としては、招致活動におけるヒトラーの存在、満州事変から日中戦争に続く国内外の情勢など、政治的な事情が大きく影響していたようです。

世界初のアジア開催として注目を集めましたが、結果的に開催都市が自発的に大会を返上した唯一の事例となってしまいました。

 

【冬季オリンピック】1940年 札幌オリンピック

上記、1940年東京オリンピック同様、日中戦争により中止。

開催されれば日本初・アジア初の冬季オリンピックとなる予定でしたが、日本が開催権を返上し、中止となりました。

 

【夏季オリンピック】1944年 ロンドンオリンピック(第13回大会)

第二次世界大戦(1939年~1945年)により中止。

繰り越しということで、4年後の1948年にロンドンオリンピックが開催されました。

ちなみに、ロンドンでは1908年2012年にもオリンピックの開催地となっていて、中止となった第13回大会を含めると4回開催地に選ばれているんですよね。

 

【冬季オリンピック】1944年 コルチナ・ダンペッツオオリンピック

同年(1944年)開催予定だったロンドンオリンピックと同様、第二次世界大戦により中止。

ちなみに、コルチナ・ダンペッツォでは、1956年に第7回冬季オリンピック開催が実現しています。

 

以上、今まで中止されてきたオリンピックはすべて「戦争が原因」で中止になっています。

スポンサーリンク

自然災害によるオリンピック中止はありうる?

自然災害により中止の可能性

1964年の東京オリンピック以来56年ぶりの日本開催となるが、それが危ぶまれる事態も生じかねない状況にある。そう、自然災害という国難が降りかかる可能性があるのだ。そして特に、これが起きたら五輪は必ず中止になると考えられる災害が「首都直下地震」だ。

引用:exciteニュース

オリンピック開催時期に大きな自然災害が開催地で起きてしまったら、オリンピックどころではないので、オリンピックは中止・延期になると考えられます。

新型コロナウイルスにより中止

新型コロナウイルスが国内でも広まりつつありますね。

現在、国際オリンピック委員会(IOC)が世界保健機関(WHO)と連絡を取っています。

これは、あと半年に迫った東京オリンピックについて、“感染症対策は安全に大会を開催するための重要な要素”ということで新型肺炎対策の一環です。

  • 2002年11月に発生したSARSの終息が2003年7月までかかっている
  • 新型肺炎の勢いがSARSを上回って感染拡大している

ということを踏まえると、2020年東京オリンピックの中止や延期の可能性は十分に考えられます

過去のオリンピック中止の前例まとめ

新型コロナウイルスが国内でも数人の感染が確認され始め、感染が拡大していますね。

世界で2番目に危険国とされている日本ですが、その日本で東京オリンピックが安全に開催されるかどうか、全世界が注目しています。

過去に中止になってきたオリンピックはすべて戦争が原因でしたが、緊急事態には国・政府が臨機応変に対応していくことが求められます。

 

安全に東京オリンピックが開催されることを祈りたいですね。

それでは最後までお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!