【バスガイド感染】入院先の病院はどこ?大阪市立総合医療センターで確定か!

国内初新型コロナウイルスに感染したことが確認されたバスの運転手と同乗していた女性バスガイドも感染したことが確認されました。

このバスガイドは大阪市内の病院に搬送され入院しているとのことですが、大阪市内のどこの病院なのか、気になる人も多いと思います。

また、緊急事態のようなこういうときほど確証もない噂が飛び交うものです。

情報を鵜呑みにせず、正しい情報を見極めていきたいですね。

 

それでは、新型コロナウイルスに感染したバスガイドが大阪市内のどこの病院に入院しているのか調査していきましょう。

スポンサーリンク

【新型コロナウイルス】バスガイド入院の可能性がある病院一覧

新型コロナウイルスは指定感染症

新型コロナウイルスは「指定感染病」とすることが、閣議決定されました。

つまり、新型コロナウイルスに感染した場合、どこの病院でも治療が受けられるわけではなく、限られた病院でしか対応できません

そして、厚労省によると、結核やSARSなどが該当する「二類感染症」相当の措置を政令に盛り込むことが検討されています。

各都道府県で感染症指定医療機関が決まっていますので、大阪の感染症指定医療機関を見ていきましょう。

大阪の感染症指定医療機関

大阪の感染症指定医療機関は以下の病院です。(厚生労働省HPより)

特定感染症指定医療機関】※新感染症を含め一類・二類感染症の診療

  • りんくう総合医療センター

第一種感染症指定医療機関】※一類・二類感染症の診療

  • 大阪市立総合医療センター
  • 堺市立総合医療センター

第二種感染症指定医療機関】※二類感染症の診療(大阪の感染症病床を有する指定医療機関を表記)

  • 市立豊中病院
  • 市立ひらかた病院
  • 地方独立行政法人大阪府立病院機構 大阪はびきの医療センター

 

 

上記の中から、大阪市内の病院はこちら。

  • 大阪市立総合医療センター

他の病院は大阪市外でした。

スポンサーリンク

【新型コロナウイルス】バスガイドの病院はここ

今回感染したバスガイドは、「大阪市内の病院に入院している」と報道されていますので、

大阪市立総合医療センター

に入院している可能性が高いです。

 

まとめ:新型コロナウイルスに感染したバスガイドの病院を調査

さて、今回は新型コロナウイルスに感染したことが確認されたバスガイドの病院はどこなのかについて調査してみました。

「大阪市内の病院」と報道されており、限られた感染症指定医療機関から、おそらく「大阪市立総合医療センター」の可能性が高いことが分かりました。

 

今後も国内での感染が広まり続けるであろう新型コロナウイルスですが、マスクの着用と手洗いうがいをしっかりして、対策していきましょう。

それでは最後までお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!