辻一弘(カズ・ヒロ)は結婚していない?アメリカ国籍で経歴がすごすぎる!

メイクアップアーティストのカズ・ヒロ(旧:辻一弘)さんが、第92回アカデミー賞で、2年ぶり2度目のメイク・ヘアスタイリング賞を受賞しました!

アメリカ国籍を取得した際に名前を「カズ・ヒロ」と改名した辻一弘さんですが、経歴がすごいことで有名ですね!

また、結婚をしているのかどうかについても未だに明かされていません。

そこで、今回は辻一弘さんの経歴や結婚はしていないのかについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

辻一弘の経歴がずごい!

まずは辻一弘さんのプロフィールを見てみましょう。

カズ・ヒロ(旧:辻 一弘

生年月日:1969年5月25日

 

年齢:50歳(2020年2月現在)

 

出身:京都府京都市

 

高校:龍谷大学付属平安高等学校

 

現在:ロサンゼルス在住

 

職業:メイクアップアーティスト・現代美術家

映画に興味を持ったのは子供の頃に見たスター・ウォーズ』がきっかけだそう。

そして、辻一弘さんが実際にメイクを志したのは高校生の時

俳優ハル・ホルブルックさんがディック・スミスさんによる特殊メイクで、リンカーン大統領そっくりに演じる様子が紹介されている映画雑誌を見て、興味が湧いたんだとか。

ディック・スミス氏

そして辻一弘さんは、自分の顔でリンカーンのメイクを試し、その写真を添えた手紙をディックの住所に送りました。

ディックから返信は来たものの、その返事の内容は「アメリカにも良い学校はないから、独学が一番だ」というもので、辻一弘さんはそこから特殊メイクを学び始めました

その後、辻一弘さんは代々木アニメーション学院で講師を務めたり、邦画『スウィートホーム』のメイクに携わったりした後、1996年に単身渡米します。

そして、ディック・スミスに師事し、その後に兄弟子リック・ベイカーの工房「シノベーションスタジオ」に所属します。

(ここからは箇条書きします。)

  • 2000年 『グリンチ』で、リック・ベイカーらと共に英国アカデミー賞メイクアップ&ヘアー賞を受賞
  • 2007年 第79回アカデミー賞で、メイクアップ賞にノミネートされたが、受賞ならず
  • 2008年 第80回アカデミー賞でも、アメリカ映画『マッド・ファット・ワイフ』で2年連続でメイクアップ賞にノミネートされたが、受賞ならず
  • その後は現代美術の分野に転向
  • 2013年 「アンディ・ウォーホルの壮年期・晩年」の2倍サイズの頭像を制作。
  • 2017年ごろ 映画界復帰。
  • 2018年 第90回アカデミー賞において、メイクアップ&ヘアスタイリング賞を日本人初受賞
  • 2019年3月 日本国籍を離れて、米国の市民権を取得
  • 2020年 第92回アカデミー賞において、2年ぶり2度目のメイク&ヘアスタイリング賞を受賞

 

日本人として初めてアカデミー賞においてメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞しており、日本人としてはすごく誇らしいですよね!

スポンサーリンク

辻一弘はアメリカ国籍

辻一弘さんは、2019年3月に日本国籍を離れ、米国の市民権を取得しています

つまり辻一弘さんは、2019年3月からアメリカ国籍になったんですね。

国籍をアメリカにするに伴い、名前を「辻 一弘」から「カズ・ヒロ(Kazu Hiro)」に改名しています。

辻一弘さんが国籍をアメリカにした理由としては、人間関係について触れていて、個人としてどんな存在なのかアイデンティティの確立を挙げているそうです。

アイデンティティの確立のために国籍を変える。

まさに芸術家の考えですよね!

辻一弘さんは芸術家になるべくしてなった人物だと思います。

辻一弘は結婚していない?

いまのところ、辻一弘さんは結婚しているという情報はありません

2020年2月現在、50歳の辻一弘さんなので、年齢的には結婚して家庭を持っていても不思議ではないですよね。

しかし、結婚指輪をしていないようなんです。

いくつかの画像を見ても、左薬指に指輪はありませんね。

結婚していても指輪をしていない人はいますし、手をつかったお仕事をしている辻一弘さんですから、もしかしたら、指輪は邪魔だからしていない可能性も考えられます

今のところ、辻一弘さんが独身なのか、結婚しているのかはわかりませんでした

辻一弘(カズ・ヒロ)は結婚していない?アメリカ国籍で経歴がすごすぎるまとめ

今回は、辻一弘さんがメイクアップアーティストを志したきっかけと現在に至るまでの功績、などをまとめてみました。

辻一弘さんが結婚しているのかは分からなかったですが、充実した人生を歩んできたことは分かりましたね。

今後も素晴らしい作品を生み出していってほしいですね。

 

それでは最後までお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!